1078円 入室時 ノック お願い 注意 マーク シール ステッカー(Please Knock 文字付き) カッティングステッカー 光沢タイプ・耐水・屋外耐候3~4年(赤,150) 文房具・オフィス用品 事務用品 ラベル・ステッカー シール・ステッカー シール,文字付き),お願い,入室時,注意,マーク,/autocatalysis2960199.html,ノック,yanagingar.com,文房具・オフィス用品 , 事務用品 , ラベル・ステッカー , シール・ステッカー,カッティングステッカー,1078円,ステッカー(Please,光沢タイプ・耐水・屋外耐候3~4年(赤,150),Knock 入室時 ノック お願い 注意 マーク シール ステッカー Please 文字付き 赤 屋外耐候3~4年 耐水 有名ブランド 150 カッティングステッカー 光沢タイプ Knock シール,文字付き),お願い,入室時,注意,マーク,/autocatalysis2960199.html,ノック,yanagingar.com,文房具・オフィス用品 , 事務用品 , ラベル・ステッカー , シール・ステッカー,カッティングステッカー,1078円,ステッカー(Please,光沢タイプ・耐水・屋外耐候3~4年(赤,150),Knock 入室時 ノック お願い 注意 マーク シール ステッカー Please 文字付き 赤 屋外耐候3~4年 耐水 有名ブランド 150 カッティングステッカー 光沢タイプ Knock 1078円 入室時 ノック お願い 注意 マーク シール ステッカー(Please Knock 文字付き) カッティングステッカー 光沢タイプ・耐水・屋外耐候3~4年(赤,150) 文房具・オフィス用品 事務用品 ラベル・ステッカー シール・ステッカー

入室時 ノック お願い 注意 マーク シール ステッカー Please 文字付き 赤 屋外耐候3~4年 耐水 有名ブランド 150 カッティングステッカー 与え 光沢タイプ Knock

入室時 ノック お願い 注意 マーク シール ステッカー(Please Knock 文字付き) カッティングステッカー 光沢タイプ・耐水・屋外耐候3~4年(赤,150)

1078円

入室時 ノック お願い 注意 マーク シール ステッカー(Please Knock 文字付き) カッティングステッカー 光沢タイプ・耐水・屋外耐候3~4年(赤,150)


商品の説明

SIGN CUTTING STICKER

ショップや飲食店、工事現場、オフィス等で一目で意味の通じる標識アイコンのカッティングステッカーを1枚から販売しております。 耐久性とデザイン性の高いサインステッカーをぜひご利用下さい。

シール ステッカー 貼り付け方法

カットステッカーの貼付け方法

1,台紙を剥がします

貼り付ける場所をキレイに拭き、裏の台紙を剥がします。この時透明のフィルムにステッカーが貼り付くように剥がしてください。

2,貼付け位置の決定

貼る位置を決定します。デコボコしていたりザラザラした場所には貼り付けることができませんのでご注意ください。

3,ステッカーの貼付け

透明フィルムの上からステッカー部分をしっかりと押さえつけてください。鋭利なもので押さえつけますと前面の透明フィルムが破れ、ステッカーに傷が付く可能性がありますのでご注意ください。

4,透明フィルム剥がし

しっかりと貼り付けたら透明フィルムをゆっくり剥がします。ステッカーの方が粘着性能が高いため透明フィルムのみ剥がすことができます。

5,貼付け完了

透明フィルムを全て剥がして貼り付け完了です。ステッカーシートの厚みは約80ミクロンと大変薄いですが摩擦の多い場所への貼り付けは剥がれの原因となりますのでご注意ください。

シール 貼れる場所 貼れない場所

【貼れる素材・貼れない素材・適さない場所】

【貼れる素材】

ガラス・金属・プラスチックなどのつるつるした面に貼ることができます。

【貼れない素材】

木材やザラザラの壁紙、スポンジやコンクリートなど凹凸のある場所には貼ることが困難です。密着性がないためすぐに剥がれてしまいます。

【適さない場所】

テーブル等の摩擦の多い場所では細かいシール箇所が剥がれやすいのでご注意下さい。

【注意事項】

※一度貼り付けたものは再度貼り直しが出来ません。

※ステッカーを剥がす場合、貼る素材によって塗装等がはがれてしまう事がありますのでご注意ください。

※モニター等の環境によって色が違って見える場合があります。

入室時 ノック お願い 注意 マーク シール ステッカー(Please Knock 文字付き) カッティングステッカー 光沢タイプ・耐水・屋外耐候3~4年(赤,150)

南極大陸
エディターズチョイス
Saranskのトップのこと
ジョン・アダムスとトーマス・ジェファーソンの驚異的な落ち込み